母乳育児の悩みについて!

 

子供が生まれてくると、お母さんは悩みが常に出てきます。特に母乳については、育児を始めて最初に出てくる悩みでもあります。

産院やそれぞれの家庭においても方針は異なりますが、一般的には母乳で育てることはとても良いことであるとされているだけでなく、多くの女性は母乳育児に憧れを持ち、実践したいと思っています。

しかし、実際の母乳育児は、思い描いていた育児とは異なり、悩みや挫折の連続になります。まず最初の悩みとしては、母乳の出が悪いということです。母乳の分泌には個人差が非常にあります。

また、あまり知られていませんが、赤ちゃんを産んだからと言って、すぐに大量に母乳が出るというわけではありません。母乳の分泌が始まるのは産後数日たったころで、最初のうちには一生懸命マッサージを行って数ミリ出るという程度のものです。

この状態であっても、赤ちゃんにおっぱいを吸わせることで、刺激となり分泌量が徐々に増えてきます。

毎日何回もこの刺激を与えていくことで、産後1週間以内には赤ちゃんに必要な量の分泌が行われるようになります。

初産の場合は特に母乳の分泌が良くない傾向があるので、母乳育児をサポートしてくれる飲料「母なるおめぐみ」を飲んでマッサージを行ったり、赤ちゃんに吸わせる回数を増やすなどの工夫も必要です。特に乳頭が硬くなってしまっていると、赤ちゃんが吸い付けない原因となります。

赤ちゃんがおっぱいに吸い付いてくれないと、刺激にならないので母乳の分泌も悪くなってしまい、最終的にはでなくなってしまうということもあります。出産前からおっぱいマッサージを行ったり、意識的に乳頭や乳輪を柔らかくするようにマッサージを行いましょう。

他にも、赤ちゃんがおっぱいを飲むようになると、他の悩みも出てきます。まずは、傷などによる痛みです。赤ちゃんの成長は早く、おっぱいを吸う力もどんどん強くなっていきます。

乳頭や乳輪が柔らかくなっていないと、おっぱいが出にくいので赤ちゃんは力いっぱい吸ってきます。これによって乳頭が切れてしまったり、傷がついてしまうというトラブルも非常に多いものです。

切れてしまった場合には馬油などを塗って保湿を行い、早く傷を治すようにしましょう。出血してしまっていたり、痛みが耐えられないという場合には、授乳をいったん中止して、搾乳機などで搾乳して授乳をするようにしましょう。

無理に授乳を続けていると、傷口が悪化してしまったり、授乳をストレスに感じてしまいます。

他にも乳腺炎などのトラブルもあります。これは、赤ちゃんが飲む母乳の量に対して、お母さんの作り出す母乳の量が多いことで、乳腺が詰まってしまうというトラブルです。

乳腺炎はおっぱいに熱を持ってしまい、そこからお母さん自体が高熱になってしまうという症状が出ます。乳腺炎は痛みも強く出るものなので、なってしまうと非常につらいものです。

おっぱいのハリが強いと感じた場合には、赤ちゃんに吸ってもらうだけでなく、搾乳をしたりして上手にハリを解消していくことも大切です。ハリが強くて痛みが出ている場合などには、保冷材などで冷やして熱を取るのも良い方法です。

心配な場合には、母乳外来や助産師外来などに通ってアドバイスを受けるのも良いでしょう。そして、もっとも多くの悩みが、母乳が足りているのかという点です。これは母乳育児を行っている人であれば誰でも感じている不安でもあります。

母乳はミルクと異なり、赤ちゃんがどの程度の量を飲んだのかというのが分からないものです。産後、入院中であれば、病院内での授乳指導などで赤ちゃんの授乳前後の体重を計ることで、一回の授乳でどの程度飲んだのかを把握することが出来ます。

しかし、自宅に帰ってくると、そのような設備がないので、赤ちゃんとのコミュニケーションが非常に大切になっていきます。授乳後にも関わらず泣いてばかりいたり、体重の増加がみられないという場合には、授乳量が足りていないサインです。

母乳育児をサポートしてくれる飲料「母なるおめぐみ」を飲んで、授乳の回数を増やすなどの対策が必要です。育児には悩みがつきものです。

特に母乳に関しては個人差が非常に大きなものなので、相談をしても解決が出来なかったり、自分で乗り越えなくてはならないということも多いものです。

しかし、母乳にはお母さんの免疫力を赤ちゃんへ移行させる効果や、赤ちゃんにとっての安心材料になるという非常に良い面もあります。お母さん側にとっても、子宮の収縮を早める働きがあったり、産後のダイエットにも効果的だとも言われています。

母乳育児を行うときには、分泌量を上げるためにも食生活や生活リズムにも工夫が必要です。お母さんの食生活によって、母乳の栄養も変わってきます。

偏った食生活であったり、ファストフードのようなものばかり食べていると、質の悪いおっぱいとなってしまうだけでなく、乳腺炎などのトラブルを起こしやすくなってしまいます。

また夜はできるだけ睡眠をとるようにして、体を休めることも必要です。