乳腺炎になった時のマッサージ方法

 

乳腺炎には、痛みやしこり、熱をもつ、赤くなる、膿が出るなどの症状があらわれます。

1つの症状だけが単独で出るのではなく、複合的にでることが多く、痛みと一言であらわしても人によって程度に違いがあります。

症状の出方によっても対処方法に違いがあり、部分的に痛みがあり、おっぱいそのものが熱を持っている場合と高熱があり全体的に痛みがある場合ではやはり違います。

乳腺炎は、細菌感染が原因で引き起こすこともあるため、母乳が詰まったことにより乳腺炎になった場合とでは、対処方法は異なります。

乳腺炎の痛みはマッサージにより改善することがありますが、発熱して動けないほど痛みがある場合には、病院にて助産師などのプロにマッサージしてもらったほうが安心です。

自分でマッサージする場合には、一部が痛い場合やしこりができた時ぐらいです。発熱している時は触れないほど痛くなるため無理は禁物です。

マッサージを行う際には、お風呂でぬるめのお湯につかりながら行うことです。身体が温まった状態のほうが、乳腺が開きやすくつまりが取れやすくなります。また、お風呂場の方が母乳で汚してもすぐに掃除がしやすいです。

マッサージの手順としては、マッサージするおっぱいと反対の手を使って下から上へと持ち上げます。もう一方の手を横から添え、その状態でおっぱいを上下左右へと大きく3回ずつ動かし、血行を促します。

血行を促してから搾乳を行います。搾乳するおっぱいとは反対の手でしこりを押さえ圧迫していき、搾乳している手は、乳頭の手前や乳輪の近くをもんでいきます。

しこりは、手で圧迫する位置を変えたり、全体的にほぐしていくことで徐々にしこりをなくしていくことができます。

慣れないうちは、うまくできないこともありますが、全体的にほぐしたりするだけでもつまりを解消しやすくなります。お風呂上がりには、赤ちゃんに授乳して残っている母乳も出し切れば詰まりにくくなります。

注意点としては、搾乳しすぎないことです。搾乳すればその分だけおっぱいは作られていくため、また詰まります。

外出などの際には、外出前に赤ちゃんに授乳をしてから出発し、出先で張ってきたと感じたら少し搾乳します。そして、帰宅してすぐに赤ちゃんに授乳することで少しでも詰まりにくくすることにつながります。

赤ちゃんに吸ってもらった時に、乳首付近に痛みが感じる場合には、そこに傷ができたことにより細菌感染を引き起こし乳腺炎になってしまったケースがあります。

細菌感染の場合は、39度以上の高熱がでる、おっぱいが全体的にひどく痛い、母乳が黄色っぽい粘ついたものがでてしまうなどの症状があらわれます。細菌感染の場合は、病院を受診します。

赤ちゃんに影響しない薬を処方してもらうことができますが、薬により母乳がまずくなり赤ちゃんが母乳を飲んでくれなくなります。

その場合は、搾乳し、搾乳した母乳は捨てることになります。服薬期間が終了した後の授乳を再開した時には、赤ちゃんに深く加えてもらえる姿勢をとるようにします。また、母乳の質・栄養サポートに役立つ母乳サプリ「ミルニック」を飲むのがおすすめです。

マッサージなどで対応したり、プロに治してもらった後に、もう一度乳腺炎の原因となるしこりを作らないようにするためには、いくつかの注意点があります。

まず、授乳の時間間隔を最高でも3時間程度にすることです。授乳の間隔があけばあくほど、しこりができやすくなってしまいます。しこりができ欠けている時には、授乳の頻度を意識して少し増やすことで、しこりが大きくなることを防げる可能性があります。

また、授乳方法をいつも同じにしないことです。授乳の仕方には、フットボール抱きや縦抱きなどと呼ばれるスタイルがあります。いつも同じスタイルであげているとどうしてもまんべんなく母乳をあげることができず、偏りが出てきやすくなります。

同じようにいつも右側から左側からと授乳する順番を決めていると片方を吸った時点で赤ちゃんが満足してしまったり、眠ってしまった場合には、残ったほうに母乳が残ってしまうことがあります。

偏りを失くすためにも授乳のたびに最初に授乳するおっぱいを変えることです。

水分は、摂ればとっただけ母乳へとつながります。人によって体質が異なりますが、母乳がたくさん出やすい体質の人は、過剰に水分を摂取してしまうとそれだけ母乳が作られてしまうため、飲みすぎには注意します。

これらのことをできる限り意識するだけでもしこりをできにくくすることは可能になります。

症状により対処方法は異なり、自分でできることもありますが、心配な場合には、病院や助産師に相談してみることです。ひどくなる前に対処することが悪化させないためにはとても大切なことです。

最後に、産後の体力回復や活力を高めたり腸内環境を良くする乳酸菌、厚生労働省推奨の母乳の根本である血液を作る天然葉酸を配合された母乳サプリ「ミルニック」は、安全性と品質にこだわった無添加・ノンカフェインで、ママと赤ちゃんに栄養を届けてくれるので、おすすめです。お試ししてみる価値がありそうです。