乳腺炎になった時のマッサージ方法

 

乳腺炎には、痛みやしこり、熱をもつ、赤くなる、膿が出るなどの症状があらわれます。

1つの症状だけが単独で出るのではなく、複合的にでることが多く、痛みと一言であらわしても人によって程度に違いがあります。

症状の出方によっても対処方法に違いがあり、部分的に痛みがあり、おっぱいそのものが熱を持っている場合と高熱があり全体的に痛みがある場合ではやはり違います。

乳腺炎は、細菌感染が原因で引き起こすこともあるため、母乳が詰まったことにより乳腺炎になった場合とでは、対処方法は異なります。

乳腺炎の痛みはマッサージにより改善することがありますが、発熱して動けないほど痛みがある場合には、病院にて助産師などのプロにマッサージしてもらったほうが安心です。

自分でマッサージする場合には、一部が痛い場合やしこりができた時ぐらいです。発熱している時は触れないほど痛くなるため無理は禁物です。

マッサージを行う際には、お風呂でぬるめのお湯につかりながら行うことです。身体が温まった状態のほうが、乳腺が開きやすくつまりが取れやすくなります。また、お風呂場の方が母乳で汚してもすぐに掃除がしやすいです。

マッサージの手順としては、マッサージするおっぱいと反対の手を使って下から上へと持ち上げます。もう一方の手を横から添え、その状態でおっぱいを上下左右へと大きく3回ずつ動かし、血行を促します。

血行を促してから搾乳を行います。搾乳するおっぱいとは反対の手でしこりを押さえ圧迫していき、搾乳している手は、乳頭の手前や乳輪の近くをもんでいきます。

しこりは、手で圧迫する位置を変えたり、全体的にほぐしていくことで徐々にしこりをなくしていくことができます。

慣れないうちは、うまくできないこともありますが、全体的にほぐしたりするだけでもつまりを解消しやすくなります。お風呂上がりには、赤ちゃんに授乳して残っている母乳も出し切れば詰まりにくくなります。

注意点としては、搾乳しすぎないことです。搾乳すればその分だけおっぱいは作られていくため、また詰まります。

外出などの際には、外出前に赤ちゃんに授乳をしてから出発し、出先で張ってきたと感じたら少し搾乳します。そして、帰宅してすぐに赤ちゃんに授乳することで少しでも詰まりにくくすることにつながります。

赤ちゃんに吸ってもらった時に、乳首付近に痛みが感じる場合には、そこに傷ができたことにより細菌感染を引き起こし乳腺炎になってしまったケースがあります。

細菌感染の場合は、39度以上の高熱がでる、おっぱいが全体的にひどく痛い、母乳が黄色っぽい粘ついたものがでてしまうなどの症状があらわれます。細菌感染の場合は、病院を受診します。

赤ちゃんに影響しない薬を処方してもらうことができますが、薬により母乳がまずくなり赤ちゃんが母乳を飲んでくれなくなります。

その場合は、搾乳し、搾乳した母乳は捨てることになります。服薬期間が終了した後の授乳を再開した時には、赤ちゃんに深く加えてもらえる姿勢をとるようにします。また、母乳の質・栄養サポートに役立つ母乳サプリ「ミルニック」を飲むのがおすすめです。

マッサージなどで対応したり、プロに治してもらった後に、もう一度乳腺炎の原因となるしこりを作らないようにするためには、いくつかの注意点があります。

まず、授乳の時間間隔を最高でも3時間程度にすることです。授乳の間隔があけばあくほど、しこりができやすくなってしまいます。しこりができ欠けている時には、授乳の頻度を意識して少し増やすことで、しこりが大きくなることを防げる可能性があります。

また、授乳方法をいつも同じにしないことです。授乳の仕方には、フットボール抱きや縦抱きなどと呼ばれるスタイルがあります。いつも同じスタイルであげているとどうしてもまんべんなく母乳をあげることができず、偏りが出てきやすくなります。

同じようにいつも右側から左側からと授乳する順番を決めていると片方を吸った時点で赤ちゃんが満足してしまったり、眠ってしまった場合には、残ったほうに母乳が残ってしまうことがあります。

偏りを失くすためにも授乳のたびに最初に授乳するおっぱいを変えることです。

水分は、摂ればとっただけ母乳へとつながります。人によって体質が異なりますが、母乳がたくさん出やすい体質の人は、過剰に水分を摂取してしまうとそれだけ母乳が作られてしまうため、飲みすぎには注意します。

これらのことをできる限り意識するだけでもしこりをできにくくすることは可能になります。

症状により対処方法は異なり、自分でできることもありますが、心配な場合には、病院や助産師に相談してみることです。ひどくなる前に対処することが悪化させないためにはとても大切なことです。

最後に、産後の体力回復や活力を高めたり腸内環境を良くする乳酸菌、厚生労働省推奨の母乳の根本である血液を作る天然葉酸を配合された母乳サプリ「ミルニック」は、安全性と品質にこだわった無添加・ノンカフェインで、ママと赤ちゃんに栄養を届けてくれるので、おすすめです。お試ししてみる価値がありそうです。

 

母乳育児の悩みについて!

 

子供が生まれてくると、お母さんは悩みが常に出てきます。特に母乳については、育児を始めて最初に出てくる悩みでもあります。

産院やそれぞれの家庭においても方針は異なりますが、一般的には母乳で育てることはとても良いことであるとされているだけでなく、多くの女性は母乳育児に憧れを持ち、実践したいと思っています。

しかし、実際の母乳育児は、思い描いていた育児とは異なり、悩みや挫折の連続になります。まず最初の悩みとしては、母乳の出が悪いということです。母乳の分泌には個人差が非常にあります。

また、あまり知られていませんが、赤ちゃんを産んだからと言って、すぐに大量に母乳が出るというわけではありません。母乳の分泌が始まるのは産後数日たったころで、最初のうちには一生懸命マッサージを行って数ミリ出るという程度のものです。

この状態であっても、赤ちゃんにおっぱいを吸わせることで、刺激となり分泌量が徐々に増えてきます。

毎日何回もこの刺激を与えていくことで、産後1週間以内には赤ちゃんに必要な量の分泌が行われるようになります。

初産の場合は特に母乳の分泌が良くない傾向があるので、母乳育児をサポートしてくれる飲料「母なるおめぐみ」を飲んでマッサージを行ったり、赤ちゃんに吸わせる回数を増やすなどの工夫も必要です。特に乳頭が硬くなってしまっていると、赤ちゃんが吸い付けない原因となります。

赤ちゃんがおっぱいに吸い付いてくれないと、刺激にならないので母乳の分泌も悪くなってしまい、最終的にはでなくなってしまうということもあります。出産前からおっぱいマッサージを行ったり、意識的に乳頭や乳輪を柔らかくするようにマッサージを行いましょう。

他にも、赤ちゃんがおっぱいを飲むようになると、他の悩みも出てきます。まずは、傷などによる痛みです。赤ちゃんの成長は早く、おっぱいを吸う力もどんどん強くなっていきます。

乳頭や乳輪が柔らかくなっていないと、おっぱいが出にくいので赤ちゃんは力いっぱい吸ってきます。これによって乳頭が切れてしまったり、傷がついてしまうというトラブルも非常に多いものです。

切れてしまった場合には馬油などを塗って保湿を行い、早く傷を治すようにしましょう。出血してしまっていたり、痛みが耐えられないという場合には、授乳をいったん中止して、搾乳機などで搾乳して授乳をするようにしましょう。

無理に授乳を続けていると、傷口が悪化してしまったり、授乳をストレスに感じてしまいます。

他にも乳腺炎などのトラブルもあります。これは、赤ちゃんが飲む母乳の量に対して、お母さんの作り出す母乳の量が多いことで、乳腺が詰まってしまうというトラブルです。

乳腺炎はおっぱいに熱を持ってしまい、そこからお母さん自体が高熱になってしまうという症状が出ます。乳腺炎は痛みも強く出るものなので、なってしまうと非常につらいものです。

おっぱいのハリが強いと感じた場合には、赤ちゃんに吸ってもらうだけでなく、搾乳をしたりして上手にハリを解消していくことも大切です。ハリが強くて痛みが出ている場合などには、保冷材などで冷やして熱を取るのも良い方法です。

心配な場合には、母乳外来や助産師外来などに通ってアドバイスを受けるのも良いでしょう。そして、もっとも多くの悩みが、母乳が足りているのかという点です。これは母乳育児を行っている人であれば誰でも感じている不安でもあります。

母乳はミルクと異なり、赤ちゃんがどの程度の量を飲んだのかというのが分からないものです。産後、入院中であれば、病院内での授乳指導などで赤ちゃんの授乳前後の体重を計ることで、一回の授乳でどの程度飲んだのかを把握することが出来ます。

しかし、自宅に帰ってくると、そのような設備がないので、赤ちゃんとのコミュニケーションが非常に大切になっていきます。授乳後にも関わらず泣いてばかりいたり、体重の増加がみられないという場合には、授乳量が足りていないサインです。

母乳育児をサポートしてくれる飲料「母なるおめぐみ」を飲んで、授乳の回数を増やすなどの対策が必要です。育児には悩みがつきものです。

特に母乳に関しては個人差が非常に大きなものなので、相談をしても解決が出来なかったり、自分で乗り越えなくてはならないということも多いものです。

しかし、母乳にはお母さんの免疫力を赤ちゃんへ移行させる効果や、赤ちゃんにとっての安心材料になるという非常に良い面もあります。お母さん側にとっても、子宮の収縮を早める働きがあったり、産後のダイエットにも効果的だとも言われています。

母乳育児を行うときには、分泌量を上げるためにも食生活や生活リズムにも工夫が必要です。お母さんの食生活によって、母乳の栄養も変わってきます。

偏った食生活であったり、ファストフードのようなものばかり食べていると、質の悪いおっぱいとなってしまうだけでなく、乳腺炎などのトラブルを起こしやすくなってしまいます。

また夜はできるだけ睡眠をとるようにして、体を休めることも必要です。

 

母乳不足解消に効く飲み物とは?

 

なかなか赤ちゃんの体重が増えなかったり、おしっこの回数が少なかったり、飲んだ後でもすぐに泣き始めたり機嫌が悪かったり。こんな様子が見られたら母乳不足かもしれません。

もちろん、最近では粉ミルクもどんどん進化してきていますし、母乳育児がすべてというわけではありません。

とにかく母乳で育てようと躍起になっているとお母さんのストレスになる場合もあります。ただ飲み物を変えるだけでも母乳不足の解消法につながるので、無理のない範囲で心がけてみるのもいいかもしれません。

母乳でお母さんの身体は栄養も水分もいっぱい取られてしまいます。母乳不足を感じたら水分をたっぷり飲むようにし、日常の食事の献立にも気を配りましょう。

まだ出産によるダメージも回復していないのですから無理をせず、ただ母乳をあげることだけを仕事にしてあとのお世話は周りの人にお願いししっかり身体を休めましょう。

できるなら里帰りしての生活がおすすめです。それが無理な方でも、最近では献立の宅配サービスや清掃サービスなどお金を出せばいくらでもお願いできます。

倒れて入院してしまうことを思えば、母乳ではなく粉ミルク代がかかることを思えば安いものです。睡眠不足も母乳不足の原因となるのです。

体調を整えた上で、水分を母乳を増やす効果の高い飲み物に変えましょう。おすすめはたんぽぽ茶とあずき茶です。

たんぽぽ茶というのはたんぽぽの根から作られたものです。昔から漢方薬としても利用されてきました。たんぽぽの根にあるホコウエイコンという漢方成分に身体を温める効果があり、代謝を良くしてくれる働きもあるため、血行が良くなり母乳も増えるのです。

また、たんぽぽの成分には血液を洗浄してくれる効果もあるので母乳の質もよくなります。それに乳腺炎を予防する効果もありおすすめなのです。

毎日摂取することで身体が温まりますし、カフェインゼロなので安心して飲めます。授乳中だけでなく、妊娠中の飲み物としても有名です。

香ばしいお茶の味のものもあれば、コーヒー味に似たたんぽぽコーヒーもあり、こちらはコーヒーが大好きだけど妊娠中・授乳中のためカフェインが入ったコーヒーを飲むことができないでいるお母さんたちに愛飲されています。

母乳は血液から作られています。水分の量が少ないのも問題ですが、血流が悪くなることも母乳不足に大きく影響してくるため、温かくて血行を良くする飲み物を取るようにしましょう。

あずき茶も温かいまま飲むようにします。インターネットで調べれば母乳不足におすすめのあずき茶「母なるおめぐみ」が売られているでしょう。あずき茶の場合、血液が母乳で取られることで不足しがちな鉄分やミネラルも補給してくれるものもあり、お母さん自身の回復のためにも最適なのです。

授乳中でも少量ならカフェインが入ったコーヒーや紅茶など飲んでも影響してくることはありませんが、ココアやコーラ・栄養ドリンクなどその他にもさまざまなドリンクに入っているため無意識に大量摂取してしまっているかもしれません。

眠気覚ましにも利用されるカフェインですから、母乳を通して赤ちゃんが摂取すると興奮して落ち着きがなくなるケースもあります。脳が刺激され感覚や運動機能が高められるのです。

夜寝なくなったり泣く回数が増える・情緒不安定になる、などの症状が出てくるためお母さんの赤ちゃんのお世話は更に大変になってしまいます。

ストレスが溜まり寝不足になるため更に母乳不足の症状が悪化してしまいます。どうしても飲みたいのであれば1日に2杯か3杯までにし、授乳が終わった後に飲むようにしましょう。

摂取したカフェインの半分は5時間で排出するといわれているので、授乳後すぐに飲んでおけば次の授乳時の影響も少なくてすみます。

それに、コーヒーを飲みながらのくつろぎの時間は、赤ちゃんのお世話に追われるお母さんのちょっとした安らぎのときになり、ストレス解消となるでしょう。最近ではカフェイン除去したデカフェのコーヒーや紅茶も多くなりました。これらを利用するのもおすすめです。

まだホルモンバランスも安定しておらず心も身体も疲れきっている時期です。効果効能も必要ですが、自分がおいしいと思える飲み物を選びましょう。おいしくないものを無理して毎日飲んでいてもストレスが溜まるだけです。

コーヒーや紅茶が好きで毎日飲んでいたという方はデカフェやたんぽぽコーヒーをうまく使って、さまざまな小豆茶を試して自分に合うものを見つけ出して、楽しく母乳ライフを過ごすようにしましょう。

また、母乳が出ないママの育児をサポートする「ミルニック」もおすすめです。サプリ状になっていて、豊富な栄養をいつでもどこでも気軽に取り入れることができます。

お水や牛乳・豆乳・スムージー・ジュースなどの飲料に混ぜても良いし、ヨーグルトやスープなどの食品に混ぜても美味しくいただけます。

お母さんの心が落ち着き、元気を取り戻すことができれば母乳不足を解消することができるかもしれませんし、何より赤ちゃんのためにも良いことです。